無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2時間目(前半)
小林先生
小林先生
おい、早く席つけよー!チャイムもうなったぞ!
みんな
はーい
みんなが席につく
勿論私はとっくに付いていたけどね!
小林先生
小林先生
まったく…3分前くらい位に席ついてろよ💧
そう言って先生は呆れる
呆れている先生もカッコイイ…
て、何を考えてんだ私は!
そして前を向く…が、なんか視線が…?
小林先生
小林先生
奏……何考えてたか知らんが、全部声出てたからな?w
あなた

え?!////

と、笑いながら言われる
初めて声に出ていたことにきずき、改めて恥ずかしくなる
こんにちは奏です!
今日のは短くてごめんなさい!最近時間が無くて…💧焦って作りました!次も遅くなる可能性大です…ご了承ください( ´• ɷ •` )