無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

2時間目(後半)
小林先生
小林先生
あー、面白かった…wじゃ、部活決めなー。
みんな
よっしゃ!
待ってましたぁー!!!!!
小林先生
小林先生
うるさい。
先生はワイワイ系だけど、授業の時は真面目にやる
私はそんなケジメのある小林先生が好きだ…
翔太
翔太
なあなあ、あなたはやっぱりバレー部?
あなた

うん!勿論だよ!!✨

翔太
翔太
ほんとあなたはバレー好きな〜w
とにっこりと笑う
あなた

翔太はやっぱりサッカー部なんでしょ?

翔太
翔太
当たり前!✨
と翔太と話していた
そこに優斗が話しかけてきた
優斗
優斗
あなたもバレー部入るんだ。俺もだよ。
あなた

優斗またバレー部入るんだ!

優斗
優斗
うん。あなたもまたバレー部入るんだ。
うん!と元気よく答えると優斗はニッコリ微笑んで頑張ろうな。といった
小林先生
小林先生
決まったか?決まってねーやつは今日放課後見学してけよー。
と言いながら、入部届けを分ける
そしてみんなが書き始めてから数分後先生は書くのをストップさせ、これで2時間目おわりなーと知らせる
キーンコーンカーンコーンとチャイムが鳴り、学級委員が号令をかけ、挨拶をする。
これで2時間目が終わった。