無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

からかい合い
あなた

ほ、ほら!チャイムなったから早く席つこ?!

焦りながら私は言う
これじゃバレバレだと分かっていても、"隠さないといけない"という気持ちが出てしまう
翔太
翔太
後でまたきくからなー!
愛華
愛華
教えてもらうまで返さないよー!
優斗
優斗
………
あなた

な、なんでよー!(*˘•ω•˘*)
絶対教えないから!!

そう言い放ち、みんなが席につく。それとほぼ同じで先生が来た。
小林先生
小林先生
お!みんなもう席ついてるなぁ!当たり前のことが出来てるというのはいいことだぞ!
と、嬉しそうにみんなを褒める
みんなに褒めているはずなのに、何故か自分だけに褒めてもらっている気がして嬉しくなった
翔太
翔太
おい!何お前ニヤニヤしてんだよ…💧気持ちわりぃぞww
私はあまりの嬉しさにニヤニヤしてしまっていたようだ
あなた

きもっ?!……うっさいわ!(恥

なんて色気のない言い方だ…💧そう私は言ってから思った
小林先生
小林先生
翔太、奏…うるさい。イチャイチャしない!
翔太・奏
してないです!
みんな
あはははははははははは
と、みんな大笑い
もー、恥かいちゃったよぉー!
イチャイチャしたいのは、先生なのになぁ…//
なんちゃって////何考えてんだ私は!///
小林先生
小林先生
あなた…ホント中身バレバレだよなww何考えてたか知らないけどw
あなた

なっ?!////何でもないです!!///

小林先生
小林先生
そーか?ならいいけどなww
翔太
翔太
先生達だってイチャイチャしてるじゃないですかー!
先生・奏
なっ?!////違う!!////
愛華
愛華
美男美女でお似合いかもねー!
先生・奏
そ、そんなことない!////
まあ、確かにカッコイイ・可愛いけど!////
優斗
優斗
ちっ……(先生睨み
翔太
翔太
お、おいおい!落ち着け!
そんな会話がずっと続いた。
授業は?!