無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

10時
真冬
はぁー、やっと清掃終わったよー。
このホテルはいくつ部屋があるんだろうか。掃除したと思ったら次の掃除が次から次へと入ってくる。

清掃さえ終わらせてしまえば一旦休憩が入る。
真冬
あー、やっと休める。
休憩室に行くと、ひと足早く休憩に入っている人がいる。
真冬
お疲れ様です。稀衣さん
稀衣
おー、お疲れ様。真冬ちゃん
嫌な予感しかしなかった。この人が来るといつも事件が起こる。お前はコナンか金田一かよ!?って何回ツッコミそうになった事か...

ズズっ コーヒを啜った。寒い体に染みるねー。
春樹
真冬先輩!!大変っス!!って稀衣さん、
いたんスね、ちわーす。
ってそれどころじゃないっス!!
真冬
春樹君、落ち着いて。何があったの?
春樹
厨房の在庫がないって...
昨日までは何事も無かったのに...
あー、やっぱり何か起こった。これも
稀衣さんがいるせいかな?

でも、どうしていきなり無くなったんだろう...

ん?待てよ
真冬
...稀衣さん
稀衣
どうした?真冬ちゃん
真冬
いつ、帰ってきたんですか?
稀衣
昨日だよ...
春樹
はっ!!まさか!!
真冬
稀衣さん!!食べちゃったでしょ!!
稀衣
ひー!!ごめんね!!つい...
春樹
ついってレベルじゃないっスよ。
今日の晩御飯分全部なくなったんスよ。
真冬
この人ならやりかねない。
稀衣
だからごめんって
もー、1番忙しいこの日に何やらかしてんだこいつはー!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

鮎
主にYouTuberの妄想画を挙げさせてもらってます。もしこの人のを挙げてほしい!!というのがありましたら、お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします!!
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る