第2話

12月24日午前11時15分
あなた

よいしょっと…
よし、これで終わりっ!!

ようやくベッドやらタンスやらを運び終わった。
時計を見るともう2時間も経っていた。
疲れた私がベッドに座って休んでいると、お兄ちゃんが来た。
お兄ちゃん
あなた、昼飯食いに行こ。
あなた

いいよーって、早くない?

お兄ちゃん
なんか、父さんと母さんが早めに食ってこいって。
午後も忙しいみたい。
あなた

そうなんだ。じゃあ行こー。

私たちはリビングにいるお母さんとお父さんに行ってきますと言って家を出た。
外の空気はひんやりとしてて少し肌寒いかった。
お兄ちゃん
あなた、何食いたい?
あなた

うーん…何でもいい!!

お兄ちゃん
じゃあラーメンにするか。
この近くに美味いラーメン屋あるらしいよ。
あなた

ほんと!?行きたい!!

ってことで、お昼ご飯はラーメンに決定♪