前の話
一覧へ
次の話

第15話

12月24日午後11時49分
リビングには誰も居なかった。







ただひとつ、あのくまのぬいぐるみを除いて。
それは新しいソファの上に座っていた。
あなた

あれ、なんでこんなところにぬいぐるみが…

さっきまでは無かったのに…
不思議に思いながらも、私はその隣に腰をおろした。
あなた

はぁ…あなたは知っているの…?
私の家族がどこに行ったか…


…知っているわけないよね

???
……知ってるよ
あなた

…え…?

ぬいぐるみが喋ったのか、それとも空耳か。私には分からなかった。