無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ら、い、ん、♥゛
はぁ(๑•́ωก̀๑)zzZ
疲れた、家に帰ってきた私はさっそく
ケータイと向き合った。
ラインだ。
あなたー!
あの先輩との関係は?
初対面?知り合い?どーゆう関係ー?(*´﹀`*)
相変わらずくい込んでくるなw
あなた

じゃあ一部始終を話しますね、w

けちぃ全部話してよ、!
あなた

分かったよ。
私が教室から出て道に迷ってたんだけど
角を曲がったら先輩とぶつかって
そこからあそこに至る!

随分と雑やなw
まぁいやお幸せにねw
あなた

うるさい、、、!
からかうなw

私と愛の会話はこれで終わったすると
賢人からのLINE
山崎賢人
あなた
体調どーだ?大丈夫だったか?
アート、あの男だれ?
あなた

大丈夫だよ!ご迷惑おかけしました!笑
ケンちゃんのおかげだよ、!
あの先輩は今日知り合ったw

山崎賢人
そか
それから今日はLINEが来ることは無かった