無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

気づいたこの気持ち💕
今日は二日目失敗したくない!
頑張ろう!
すると誰かに肩を叩かれた
ポンポン
あなた

へ?

竹内涼真
竹内涼真
あなた!
おはよう!体調もう大丈夫なのか?
竹内涼真
竹内涼真
無理すんなよ!
じゃっ
あなた

あ、待って!

私は気がつくと先輩を呼び止めていた
竹内涼真
竹内涼真
ん?
あなた

(何で呼び止めたァ)
あ、えと、おはようございます。
┏○ペコッ

竹内涼真
竹内涼真
ぷっ、おはよう(*´﹀`*)ニコッ
あなた

(またあの笑顔やっぱ好きだな私)

そう今日私は先輩に恋をしていると気づいた!
あなた
おっはー!
山崎賢人
はよ!
何にやけてんの?きもちわりぃw
あなた

は?
うっさいw

なになに?
コソコソ)もしかしてあの先輩?
あなた

ち、ちがうし!
全然ちがうし。ヾ(・ω・`;)ノ
ちがうからね!もう!( ー̀ н ー́ )

そして授業が始まった。
先生
皆さんおはようございます!
今日は席替えと、係決めをします!
みんな積極的にね!
そして放課後には部活体験があるからね!
私はくじを引いた
すると運良く私はケンちゃんと愛と
一緒の班になれた!
私は一番端の席で3年生の教室が見える席
そこは、私の特別な席になっていく
私の大好きな席なんです!
あなた

(え?アレ先輩!?)

あなた

何この展開!
先輩も一番端の席だ!きゃー!

あなた
うるさいよ!静かにしなよw
山崎賢人
そーだぞあなた
あなた

はい、すみまてーん。。。

あ、先輩がこっち向いた?!
先輩はわたしにきづいて笑顔で手を振った
あなた

((๑´ω`๑)♡キュン)

あなた

(なんかこの席ちょーラッキーじゃん!)

あなた

(やっぱほんとに大好きだ!)

そう、私は竹内涼真に恋をしました!