無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

楽しい時間
竹内涼真
竹内涼真
それじゃぁ今から第1回生活委員の
話し合いを始めます!
竹内涼真
竹内涼真
えー2年生3年生は生活委員の仕事とかわかると思うんで
1年生何か分からないことがあれば
聞いてくださいね(*´﹀`*)ニコッ
私はその笑顔に惹きつけられた
なぜか目をそらすことは出来なかった
心臓の音が大きく鳴り響く
あなた

(ケンちゃんに聞こえてないよね?)

-----------------------
そして委員会は終わった。
山崎賢人
はぁ疲れた😲
でも楽しかったな!
あなた

う、うん!そーだね!

山崎賢人
なんだ楽しくなかったのか?
てか顔真っ赤w大丈夫か?w
あなた

へ?あ、うん全然大丈夫だよ
≧(´▽`)≦アハハハ

私はこの時あの笑顔が忘れられなかった
あなた

(何ドキドキしてんの/////)

一方竹内涼真は
竹内涼真
竹内涼真
(俺ずっとあなたに見られてたよ!?)
(なんかいろいろとドキッとしたな)
竹内涼真
竹内涼真
(ま、部活行こっかな)
山崎賢人
あ、そーだあなたって
サッカー部のマネージャーになるってもう
決まってたりするの?
あなた

うんそーする!

山崎賢人
じゃあ部活体験もう行かねーの?
あなた

1回くらい行こうかなと思うんだけど…

山崎賢人
そっかじゃあ一緒に行こ
あなた

うん!

山崎賢人
(可愛い/////)
そして私達はサッカー部の部活体験をした。
私はマネージャーの基本のことを教わり
ケンちゃんは楽しそうにサッカー部員
のみんなとサッカーをしてた。
私の1日はとても充実した一日となった