無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

(なまえ)Sideリベンジ
※涼真Sideの所のあなた版です。
前回の続きは次回出します





ケータイが鳴った
あなた

お?

大森元貴
あなた!
今駅に着いた!
あなた

へ?みんな、明日来るんじゃないん?

大森元貴
待ちきれんかったからw
あなた

そーなのねw
今道教えるねー!
ちょっと家に居ないから私が今から行くとこに
来てー!

大森元貴
おけー!
あなた

よし!今度こそ行ってきます。

大森元貴
何か複雑だからさ、やっぱ
あなたの家でいい?
あなた

うんいーよぉ
鍵ポストに入れとくね。

私は家を出た
しばらくすると。
涼真先輩の家に着いた
あなた

部屋の電気がついてる!

あなた

やっぱ行かない方がいいかなぁ。
んー、どーしよう(´;ω;`)

するとまた私の耳には聞きたくない
声が聞こえてきた。
杏里
涼真ぁ💕
大好き!
チュッ)
竹内涼真
竹内涼真
俺も💕
チュッ)
杏里
ンッ/////
涼真のH💕
一緒に寝よ?💕
竹内涼真
竹内涼真
うん💕
チュッパッ
杏里
ァアッ///// 
何でいつも窓開けてるんだよ!
ベットのギシギシ音
涼真先輩と杏里先輩の愛の結晶
私には邪魔出来ないや
私は少し苦しい胸を抑え涙が出るのを精一杯
抑えた
すると肩を叩かれた
ポンポン
あなた

へ?

あなた

えぇ!?

あなた

た、たけ、る?先輩?

そーだよ?ニコッ
あなた

(。・о・。)

何その目は?
苦しくないの?涼真のこんな声
あなた

苦しいです!
でも、私は邪魔する価値もありません!
当然です!1年も会わなかったし
年も離れてるし!分かってたことです!

あなた

私待たせてる人がいるんで
失礼します!

なに?彼氏?w
あなた

電話だ

大森元貴
あなたごめん今日行けなくなった。
あなた

そ、そーなの?じゃあね!お大事に

だれ?彼氏か?
あなた

違います。
大大大親友です!

チュッ)
あなた

!?ンン?

あなた

何で?…

可愛くなったから。
じゃあね
健Side
俺は知っていた。
窓からアンリと涼真がこっちを見ていることを
だからあえてだ、にしてもほんとに
可愛かったなぁあのまま貰おうかな? ( ´∀`)フハハハハ
あなたSide
私は知ってた、涼真先輩がこのことを聞いていたのは
だからわざと大声で言った。悔しいから…