無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

涼真Side最低
はぁー、俺は今あなたを完全に裏切った
事に気づいた
お前があなたを裏切ったから。
健のあの言葉がずっと俺の頭をグルグルする
杏里
涼真?
竹内涼真
竹内涼真
え?
杏里
どーかした?
竹内涼真
竹内涼真
あ、悪ぃ悪ぃ
何もねーよ?今日はもう遅いし帰れよ
杏里
そーだね!
じゃあ今日は帰ります。
バイバイ(ヾ(´・ω・`)
竹内涼真
竹内涼真
バイバイ(ヾ(´・ω・`)
気をつけて帰れよ
杏里
ニコッ
竹内涼真
竹内涼真
ッ…
俺って杏里のこと好きなのかな。
竹内涼真
竹内涼真
はぁ…
それから時間がたった
今日は家に親が居ない
買い物に行かなくてはならない
そのため俺は玄関を開けた
竹内涼真
竹内涼真
あなた…
あなた

涼真先輩…!

竹内涼真
竹内涼真
ごめん
あなた

え?あの頭あげてください…

情けない
竹内涼真
竹内涼真
あなたは、何で俺みたいな奴に優しくするんだよ
あなた

(*'へ'*) ンー
ニコッ( *´﹀`* )
まだ、先輩が好きだからです!

竹内涼真
竹内涼真
ウッ(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)
あなた

ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
あの、えと、泣かないで?

竹内涼真
竹内涼真
ごめ、ん。
俺、あなたの事信じて待てなかった。
(ノд-。)
あなた

(๑´ლ`๑)フフ
(ρ゚∩゚) グスン二人して泣いてバカみたいですね。

竹内涼真
竹内涼真
ダヨナ…
また、あなたを好きになっていいか?
あなた

あぁ、待って?
もっと、信用出来る人になるまで。