無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

まさかの…
東京に着いて10分
ミーティングまでまだ2時間あった
あなた

今から何する?

大森元貴
まだ、早いなw
あなた

原宿行く!

大森元貴
おーいいけど買いすぎるなよ?
あなた

元貴のくせに何でちょっと彼氏ぽいの?

大森元貴
は、は?
今俺彼氏ぽいの?え?
あなた

動揺しすぎなぁw
行こ!

そう言って私達は歩き出した。




ついでに手を繋いで
あなた

(これは元貴がはぐれないようにって( *´﹀`*

あなた

こ、こ、こ、こ、これ超可愛い・:*+.(( °ω° )).:+

大森元貴
何?欲しいの?
大森元貴
てか、それかっこいい系やろw
あなた

えーだってこのマスクかわいいもん!
まぁかっこよくもある。

大森元貴
まぁいーや、俺が買ったげる( *´﹀`* )
あなた

えぇ!?いーの?

私は驚いた拍子に後にふらついてしまった
あなた

うぎゃ!?

おっとぉ、大丈夫?
あなた

へ?あ、は…い?

あなた

涼真先輩!?

大森元貴
何はしゃいでんだよ。
早く行くぞ。ミーティング間に合わなくなるだろ!
そこには、涼真先輩と健先輩、杏里先輩が居た
大森元貴
すみません。m(*_ _)m
あなた

ねぇ、元貴待ってよ

私は元貴に連れられた
杏里
何?浮気?((( *艸))クスクス
あ、あいつは浮気なんかしねぇよ
それにあいつが幸せなら、それでいい…
竹内涼真
竹内涼真
あれって…Mrs.GREEN APPLE
だよ、な。
杏里
確かに!え!?
あなたちゃんってもしかして…
大森元貴
や、やべぇバレたっぽい
早くマスクしろ。
あなた

う、うん

私達は今頃ー!
ってタイミングで変装した。
あなた

ミーティング、行こ?

大森元貴
おう、!
あなた

さっきはすみませんでした。m(*_ _)m

大森元貴
m(._.*)mペコッ
そーして私たちのミーティングは
まるで何事も無かったように始まり
そして終わった