プリ小説
一覧へ

第14話

魔法も恋も
先生
二人共、よく出来ましたね!
もちろん、合格です!
あなた

やったぁぁ!!

素直に喜んでおくべきだよね。それに、最近もやもやしていた理由が分かったし。

これからは、もっと頑張るぞ!
あなた

覚悟しててよね?大和ー。

大和
な、何?
鈍感な大和の背中を叩いて、笑顔で言った。

これからは、魔法も恋も頑張ります!



その後、街は本物の雪が降っていました。


本当のクリスマスの奇跡は、きっとサンタクロースが叶えた小さな魔法使いへのプレゼントでしょう。


でも、それは降る雪だけが知っていれば良いこと。




END☆
_______________

初めてのファンタジー小説が完結しました!
見てくれた方、ありがとうございます!(*´∀`)

色々なジャンルにどんどん挑戦していきたいと思いますので、よろしくお願いします!!

Thanks!😂

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

Hononeko
入賞者バッジ
Hononeko
只今、更新亀🐢さんです、 ごめんなさい(இдஇ`。) お気に入り⭐︎300(2018.11/20) お気に入り⭐️200(2018.6/5) お気に入り⭐️100(2018.1/10) ----------✂︎ キリトリセン ✂︎ ---------- 良いね👍やお気に入り登録ありがとうございます!! 飛び跳ねて喜んでますm(*_ _)m 浦島坂田船LOVEです!💚💜❤️💛 こたぬき💚