無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
お見合いか…
正直どうでもいい。
実際おれが結婚したからって戦争が終わる訳では無い。




ドンッ
何かが俺にぶつかった後に女性のものと思われる悲鳴が聴こえてくる。
見知らぬ女性
キャッ
びっくりしたァ
(。゚ω゚) ハッ! すみませんくらいの慣れていないので(汗)
ワタワタ
なんだこいつ
















///
外に出るともう何も起こっていないかのようになっていた。