無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

3話
結構派手にやられたんだな。
外に出ると逃げ遅れた人達のご遺体がゴロゴロ転がっていた。
しょうがないか、人数の割には防空壕が少ない家の地下室も少ない。
だから仕事が多い。(最近は親が我がもの顔でやってくれてるから俺は人脈作りをしている)
それよりさっきの子ちゃんと話してみたいな
また会えるかな?
でもさっきの人と会ったのは防空壕の中だ。
会いたい!
ほんとはサイレンなんかならない方がいいけどもう一度でいいからなって欲しいと思っている自分がいた。