無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3。
なぁ。佳奈。
佳奈
んー?どしたの?
今、ちょっと話せる?あなたは、無しで。
佳奈
あー……。うん。大丈夫だけど。
じゃ、屋上行こ。
佳奈
ん。分かった
                              ~屋上~
佳奈
で?どうしたの?あなた無しってことは侑斗との事でしょ?
佳奈は侑斗の事どー思ってる?
佳奈
侑斗があなたを傷つけるとは思えない。なんか理由があるんでしょ?
……気づいてんだ。
佳奈
何年一緒にいたと思ってんの?w
佳奈くらいには教えとかないと。本当は口止めされてるんだけどね。
佳奈
知ってるんだ。何があったの?
莉空。侑斗のこと好きだろ?あいつに脅されてんだよ。
佳奈
莉空に?
あいつ、あなたを守るために自分が傷ついてる。まだあなたのこと好きなんだよ。
佳奈
だからか……。まぁ、最近莉空が上機嫌だったからなんかあるだろうとは思ってたけど……で、侑斗は?
……莉空と付き合うことになった。
佳奈
それも莉空が?
そう。あいつは、俺のこと忘れてあなたが幸せになればいいからって言ってる。でも、あなたもまだ好きだろ?侑斗の事。
佳奈
ん。あなたのこと幸せに出来るのは侑斗しかいないよ。
どうにかしてまた戻すことってできねぇかな?
佳奈
わかんない……考えてみる。
おう。じゃ、そろそろ戻るわ。この話、誰にもすんなよ?
佳奈
当たり前じゃん。何か思いついたら教えて?