無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7。
ピンポーン♪
佳奈
んー?こんな時間に……?はーい……って涼?どしたの?Wデートは?
佳奈。俺決めた。
佳奈
何を。
あの2人の事応援するって言ったけど、好きな人は俺が幸せにする。
佳奈
は?……侑斗がまたなんか言ったの?
あいつは……あなたのためかも知んないけどアイツを傷つけることばかり言う。傷ついたあなたをそばで見てるだけなんて無理だ。
佳奈
……もう、言ったんだ。あなたに
……言っちゃった。めっちゃ困らせたと思う。
佳奈
……侑斗がもし莉空よりあなたを選んだらどうするの?
そしたらあなたに決めてもらうよ。あいつの気持ちを優先したいから。
佳奈
涼……あんた……いいやつだねw
なんだよw気持ちわりぃなぁw
                   …………………………………
あなた

……どうしよう……。

涼のことは好き。でも、恋愛感情かって聞かれたら違う。私が恋愛感情で好きなのは侑斗だから。こんな状態で涼を選んでもきっと傷つけるだけだろう。
あなた

はぁ……。

あなた

明日……気まづいな……。

そう言えば、ジェットコースターに2人が行った時、莉空に言われた事ってどんな意味だったんだろう?
あなた

もうわかんない……寝よっと……。

次の日。
佳奈
あなた!おはよ
あなた

おはよぉ。

佳奈
……なんか、顔色悪くない?
あなた

ん……大丈夫。

佳奈
そっか……無理ならすぐいいなよ?
あなた

うん。ありがと。

                            3時間目の体育
あなた

(やばい。体が重い……

先生
はーい。じゃ、校庭5周!
佳奈
行こ!あなた!
あなた

あ、うん……(走る

佳奈
5周ってめちゃだるくない?
あなた

う……ん(ドサッ 倒れる

佳奈
え!?あなた!あなた!!
おい!大丈夫……
侑斗
あなた!!!!
侑斗があなたを抱き上げる
侑斗
先生。こいつ保健室に連れていきます。
先生
お、おう。先生も……
侑斗
大丈夫です。任せてください。
先生
……分かった。
おい。侑斗。あなたは俺が
侑斗
いい。俺が連れてく。
保健室に連れてく