無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15。
クリスマス
ピンポーン
あなた

はーい……って涼?どうしたの?

莉空との事、解決したんだな。
あなた

うん。したよ?

あなたに伝言あるんだけど……それを言う前にもう1回しっかり言うわ。
あなた

???何?

俺はあなたの事が好きです。
あなた

……へ?///

照れてんのー?かーわーいーいー(棒)
あなた

……棒読みなんだけど。

ごめんごめんwでも、好きなのはほんと。
前も振られたけど、ずっと好きだった。
あなた

……

答えは分かってるから。俺のこと、ちゃんと振ってくれない?
あなた

……私、涼には感謝してる。

うん。
あなた

侑斗の事で悩んでた時、私がつらい時、そばに居てくれたのは佳奈じゃなくて涼だった。
私も涼のことは好き……だけど

あなた

恋愛感情としては……見れない……。

……うん。
あなた

どんなに傷つけられても、悲しい思いをしても、やっぱり侑斗のことが好きなんだ。
だから……ごめんね……

大丈夫。こう言われることわかってたけど伝えたかっただけだから。
んで、そんなあなたが大好きな侑斗から伝言。
あなた

侑斗から……?

「去年のあの場所で待ってる。」
「去年のあの場所」
と言われて思いつくところは1つしかなかった。




















































去年のクリスマス
私と侑斗の関係が終わった場所。