無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第16話

12月25日。
あなた

侑斗!!

侑斗
……あなた。よく分かったな。
あなた

ここしか思い浮かばなかったから。

侑斗
涼はどうした?
あなた

告白されたからちゃんと断ってきた。

侑斗
そっか。あいつっていいやつだよな。
好きな人のこと、1番に考えて。
あなた

……そうだね。

侑斗
……去年この場所で俺、あなたの事、思いっきり傷つけたよな。
あなた

……うん。傷つけられた。

侑斗
その後すぐに莉空と付き合ったり、遊園地でWデートしたり。
俺、涼と違ってお前の事泣かせてばっかだった。
あなた

そう……だね。

侑斗
莉空から色々聞いた?
あなた

うん。侑斗が私を振った理由も冷たくした理由も、侑斗が莉空に何て言われてたのかも。

侑斗
俺なりにあなたを守ってるつもりだったけど、多分やり方間違えてたよな。
あなた

……全部言ってくれれば良かったのに。

侑斗
それじゃ、別れた意味無くなる。
あなた

そっか。

侑斗
……たくさん傷つけたから俺のことなんてもう嫌いかもしれない。けど……
侑斗
俺1年前、ここで別れようって言ってからずっとずっとあなたのこと好きだった。
涼の気持ち知ってから、あなたが涼に取られるんじゃないかってずっとモヤモヤしてた。
わがままだってわかってる。だけど、
侑斗
もう一生傷つけない。だから俺ともう1度付き合ってもらえませんか?
あなた

……!……はい……(泣)

抱きしめる
侑斗
泣かせないって言ったのにもう泣かせちゃったなw
あなた

これは……嬉し涙だからいいの……!

侑斗
あなた。
あなた

……侑斗

2人
大好き
1年前のクリスマス。
私の恋は幕を閉じた。
ずっとずっとあなたを忘れられなくて、
ずっとずっと好きだった。

あなたも同じ気持ちだったんだね




































































1年後のクリスマス。私たちの恋はまた動き始めた。
聖なる夜の奇跡って……





















































信じてみてもいいのかもね💕