無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

あなた

狐の嫁入り…?

???
そうだよ、今日は僕たちにとって大事な日なんだ。
あなた

あなたは…?

銀だ。きみはあなたでしょ??
そういうと銀はにこりと微笑む。
正直、こんなカッコいい顔で笑うなんて反則だ。銀はズルイ。
あなた

え、でもなんで名前知って…

そんなことはいいよ!それよりもほら!ゆいも行こうよ!
銀はそういうと私に有無を言わさずに手を引いた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る