無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

あなた

銀…これは、、

ほら!あなたはこれに着替えて!!
そこにあったのはとても私たち高校生なんかが持ってないような立派な着物。
あなた

こんなの!着れないよ!

じゃあ、制服で婚儀に出るの??
そう言われては困ってしまう…
私は仕方なくその着物を着ることにした。
すまないが、この子にこの着物を着せてやってくれ
銀は近くにいた女郎みたいな人たちに声をかける。私はあっという間に着替えさせられた。
あなた

銀…着替え終わったけど、やっぱり私なんかには似合わないよ、

あなた、、やばいよ。すっごくきれい
そう言われた私にはもうさっき抱いていた不安などもうなかった。
私の心の中には銀を好きだということしかなかった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る