無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

十七
なんだか、同じクラスなのに喋れなくてすこし落ち込みながらの帰り道。今日に限って美桜は委員会があって1人。
銀が遠くへ行ってしまったようで悲しかった。
???
ねぇ、お姉さん1人?暇〜〜?
あなた

いえ、急いでるので…

こういうのは少し苦手だし怖いから目を合わせずに逃げようと思って身構えたとき…
ちょ、、俺だよ!!
あなた!逃げんなって!
あなた

え…!あー、もう驚かさないで!
よかった銀で…

ごめん…。なんだか元気ないなって思ってさ。
驚かせようと思ったんだ。
あなた

そっか…笑

なんでそんなに落ち込んでるの??

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る