無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

十ハ
あなた

だって…銀と全然話せなかった…。
すっごいさみしかったから…

俺だってそうだよ!!
そう言って銀は手を差し出した。
ほら!今日の分充電しないと!!!
やっぱり銀はズルい。
そんな顔で見られたら好きになっちゃうよ…。
あなた

ん、充電…笑

そして2人の手が触れた時、それが合図になったかのように唇も重なった。
あなた

銀…、大好き。

あなた、大好き…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る