無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

二二
さぁ!風呂でも入るか!
ゆいも落ち着いたみたいだし、と銀は言った。
あなた

あ、ずっといてくれてありがとう…

どうやら私はあれから夜まで目を覚まさなかったようだ。
よしっ!じゃあ行こうか!
あなた

、、ん…??どこに?

???風呂!
あなた

え!!お風呂って…

なに言ってんだよ!一緒に入るんだよ?
そう言って銀は不敵に笑った…
あなた

って!!!きゃあああああ!!!
銀!下ろして〜〜!

私に有無を言わさず、銀は私を担いで風呂場へと向かう。
お風呂ってことは裸見られるんだよね…
私どうなっちゃうの…??

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る