無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

二九
銀…お願い。無事でいて…
あなた

ここ…あの里なの?

ええ…
ごぉっと燃える建物
耳をつんざくような悲鳴
血生臭い匂い
この山からでも見える倒れる人々
あなた

こんなにひどかったなんて…

あなた様…ここは危険です。
お帰りになりましょう
あなた

私は大丈夫…

ずざぁぁぁぁ
凄まじい音が響いた。
あなた

今のなに…

ぇ…、、うそ…。

私たちが隠れている数メートル先に横たわる体。
この人を私は知っている…
あなた

江…さ、ん…?

あなた様…お静かに。
だれか来ます。
土蜘蛛
ふふ、白狐もチョロいな
女には弱いんだよ
そう言って江さんは動かなくなった。
響くのは土蜘蛛の勝ち誇ったような冷淡な笑い。
土蜘蛛
四天王を一匹倒したぞ!
そのまま当主の首を取れ!!!
お願い。これが悪夢なら早く覚めて…
だれか夢だと言って…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る