無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

三十
屋敷の燃える熱気が夢ではないと呼びかける。
あなた

お願い…
みんな無事でいて…

???
当主首取ったりー!!!!
え…うそ…

銀…??
里の破滅の音とあの残忍な歓声が響く。
あなた

いや…いや…やだよ、、銀…

???
みなの者、よくやった!
だれ…、私の大事な場所を、大事な人たちをこんな目に合わせたのは…
土蜘蛛と白蛇がひざまづく中、高々と声を上げて笑っているその悪魔は…
あなた

美桜…?

美桜
これからは私の時代だ!!
絶望の波に呑まれるように、私の意識は途絶えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る