無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

四五
今日で予定日から1週間が経った。
あなた

銀…もういいよ

あなた…?
あなた

私…最後は銀と一緒に過ごしてたい。

…っ、そうだな…
銀は読んでいた書物を閉じた。
夕暮れ時の庭。
あなた

綺麗だね…

真っ赤な紅葉
そうだな…
あなた

初めて会った日もこんな日だったね

懐かしいな…
銀の綺麗な銀髪が風になびく
見惚れていると目が合う…


いつも優しそうに笑う顔に今日は涙が浮かんでいた。
あなた…愛してる…
今まで一回も銀は愛してるって言わなかった。


それでも行動で示してくれた。


だって、言葉じゃ表せきれないから…
あなた

私も…愛してる

そして私たちは抱き合った。


来年もこの綺麗な紅葉を2人で見ようと


叶わない約束をしながら…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る