第10話

ひみつのKissは突然にー❥
2,233
2017/12/14 08:37
↓あなたsideです!

ふいに…太宰さんにガシッと手首をつかまれ、ビクッとする

急に何!?

あなた「太宰さ…」

太宰「国木田くん、少し任せてもいいかい?あなたちゃん、膝を少し擦りむいてる。」

国木田「ああ。できたら、呼ぶからな。」

太宰「了解!ありがとう。」

太宰さん、。私のこと…見てくれてたんだ。なんか…嬉しい……/////

太宰「よし、あなたちゃん、2階に救急箱あるから、一緒に行こうか♪」

あなた「はい♪」

ー2階にてー

ガチャー扉を開けて、鍵を閉める

太宰「あなたちゃん、ソファーに座ってー」

あなた「はい!」

なんか…二人きり…緊張するな…!
┣“キ┣“キ…

太宰「よし、消毒液塗るよ…ちょっとしみるかも…我慢してね。」

あなた「う……。」

ぎゅっと目をつむる

ん…なんか、唇に熱が伝わってくる…ー
恐る恐る目を開けてみるとー目の前に…だ、太宰さん!?

わ、私…太宰さんと!き、キスしてる!!!!!!

太宰「ん…あなたちゃん…驚いてるよね?ニコッ」

お、驚いてるにきまってるやろがァァァ!!!!!!!!!!!!
し、心臓が…止まりそう…

太宰「実はー




✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
今回も読んでいただきありがとうございました🙌💕まさかの!太宰さんからのアタックでしたね…┣“キ┣“キ…♥️
↑お前がドキドキしてどーする!?
次回もお楽しみに😆😊😘
よければ、いいね👍、コメント、お気に入り登録✧*よろしくお願いします🙏
それでは、次回お会いしましょう♪♪







プリ小説オーディオドラマ