前の話
一覧へ
次の話

第13話

Sweet Time ...♪*゚
2,509
2018/03/06 08:24
あなた「ん…ん…苦し」

太宰 「どうしたんだい?苦しい?鼻で息してごらん?」

太宰さん…おとなだ…( 'ω')
私なんか…まだまだ子ども…私達…こんなことしてていいんだろうか…

太宰「どうしたの?あなたちゃん、なにか考え事をしているようだね」

太宰さんが私の顎をクイッと持ち上げ、顔を近づけるー

あなた「! だ、太宰さん……/////だ、だめです…」

ー太宰さんがにやっと微笑み、耳元で囁く

太宰「?なんで駄目なのかな?あなたちゃん?ニコッ」

あなた「耳は…駄目……/////」

太宰「耳…弱い?ニコッ もっとしようかな…((ボソッ」

こんな状態で何を考えてただなんて言えない!(º∀º)
こんなことされてたら身がもたないよー!

太宰「耳…綺麗にしようね…」

ーはむっー

!!!!!!だ、太宰さ…ん 耳、はむはむしてる!←か、可愛いなおい はむはむ
wあ、失礼しました。続きをどぞ!(筆者)

あなた「はぅ……/////んんっ」

太宰「ふふ…かわいいね……/////もっとしようかなー」

ー太宰さんが口を開けた瞬間!!!!!!


゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈
皆さん!めっちゃお久しぶりです笑
私のことなんて忘れている頃だと思います…。
今回は、前回と引き続き、あまあまなシチュエーションでしたね♪
少し表現が悪いところとか、たくさんありますね( 'ω')楽しんでいただければ幸いですー!
良ければ、コメント いいね お気に入り登録 よろしくお願い致します‎|•'-'•)و✧
それでは!またお会いしましょう✩°。 ⸜(* ॑ ॑* )⸝



プリ小説オーディオドラマ