無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

佑亮の気持ち
ピコンッ

部屋にLINEの通知が鳴り響く
あなた

お母さんかな..?

佑亮
LINE)真奈から聞いてLINEもらった
勝手にごめん、謝りたくて
あなた

LINE)大丈夫です。
佑亮くんがどれだけ女好きなのか
分かったし私をもてあそんでたのも
やっと分かったので清々してます。
今まで優しくしてくれてありがとうございました

佑亮
LINE)違うんだ
あなた

LINE)何がですか?

佑亮
LINE)確かにいろんな子に告ってきた
でも俺自身も好きとか
そういう感覚わかんなくて
何が好きって言うのか
確かめたかったんだ
でもあなたと出逢って
分かった気がした

人を好きになること
その人と離れたくないって気持ちとか
あなたに出会って分かったんだよ
あなた

LINE)ありがとうございます。
慰めは要りません。

佑亮
LINE)本当なんだ。
これからは気持ちで伝えるから
もう俺は昔とは違うってことを
私は自分のことが嫌になって

既読スルーをした
あなた

(ほんとか嘘か分かんない)

佑亮
(やっと分かったんだ)

(好きになる気持ち)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 莉 💓
愛 莉 💓
いろんな小説だしてます 見てくれたら嬉しいです
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る