プリ小説

第5話

第5話 キュン
コンビニに行くことになった。
裕太と。

朱 着いたー!
裕 早く!行くよー。
朱 オッケー👌

朱 裕太ー私これがいいー♫
裕 ウゲー 高いー
朱 いいじゃーん
裕 ハイハイ。
朱 やった^_^

アイスを買ってもらって、帰ろうとした時

裕 俺トイレ行ってくるー
待っといて

そう言いトイレに行った裕太
私はコンビニの外で待っていた。
すると

男 なあなあ一人?

見知らぬ男たちが来た

朱 え......
男 こんなとこいたら、
風邪ひいちゃうよ?
俺と一緒に温まろう?

これってナンパ!?
やばい逃げろ!

朱 結構です!

逃げようとしたら 腕を掴まれた

男 遠慮しなくていいのにー
朱 本当に!いいです!!!

泣きそうになっていたその瞬間

裕 俺の彼女に何やってんの?

後ろには、裕太。

朱 裕太......!
男 チッ、男いるのかよ。

男はそう行って帰って行った。

朱 裕太!!!

私は裕太に抱きついて泣いてしまった。

裕 朱里....怖かったね。よしよし
朱 ありがと.....!
裕 ふふ。どういたしまして。
彼女だって嘘ついてごめんね?
朱 いいよ。

裕太は、私が泣き止むまで
抱きしめて、頭をさすってくれた

私は

裕太に

恋をしてしまった。

予想外だよ。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おかしラブ
おかしラブ
NEWSのまっすーファン歴五年の女子です^_^ アニオタ、ジャニヲタでーすww