無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

134
2017/12/03

第2話

前世での出会い
私は、あなたです…今大ピンチです…!

ザワッ
男「おう!お嬢さんよ!俺にぶつかるとはいい度胸してんな!」
あなた「す、すみません」
男「すいませんで済むと思ってんのかぁぁぁぁ!」
ビクッ!
だれか、助けてください…
?「おい。いい加減にしとけ」
男「誰だころやろ…!?」
?「俺だよ」
ザワッ
街の人「あ、あれって、信二郎様じゃない?」
「あの、日ノ本で一番といっても過言ではないっていう?」
信二郎「なんだお前自分より随分と年下の女の子にそんな怒鳴ってるのか?」
男「う、うるせぇ!」
あ、男が刀を…!?
あのお方が危ない………
キーン!
それは、一瞬の事だった私はいや、周りの人も皆最初は何が起きたかわからなかった…
あのお方…信二郎様が男が向かって来た一瞬に刀を抜いて刀を飛ばした

あなた「す、すごい…!」
男「く、クソっ!今日はこれで許してやる!覚えてろ!」
男が走っていった
街の人も皆無かったことのようにそれぞれ戻っていった
信二郎「大丈夫?」
あなた「あ、ありがとうございます!」
うわぁー、すごくかっこいい…