無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

85
2017/12/04

第3話

また会いたい!
信二郎「気をつけなよ」
あ、行っちゃう
あなた「あの!お礼させてください!」
信二郎「え?」
あなた「い、今助けていただいたお礼です」
信二郎「お礼なんて…いいよ」
あなた「でも!」
グゥー
!?
信二郎「お恥しい/////」
あなた「じゃあ、ご飯食べに行きましょう!」
信二郎「え…あ、ちょっと~!?」
私は、強引に腕をひっぱて行った




信二郎「あ~食った食った~」
信二郎「奢ってもらってありがとう!」
あなた「いえ、お礼をしただけです!」
信二郎「あ、そう言えば君名前は?」
あなた「あなたと言います!」
信二郎「あなたかぁ~いい名前だね」
あなた「ありがとうございます!」
信二郎「あ、僕は…」
あなた「信二郎様ですよね」
信二郎「うん…なんで知ってるの!?」
あなた「有名な方ですもの」
信二郎「照れるな~」
あなた「ふふふっ♪」


あなた「今日は、本当にありがとうございました!」
信二郎「いえいえ~」
あなた「それでは!」
信二郎「あ!あの!」
あなた「え?あ、はい、何ですか?」
信二郎「また、会ってもらえませんか?」
!?あの、信二郎様が私にまた会いたい!?
信二郎様、耳まで真っ赤だ…可愛い♡
あなた「はい!信二郎様!」
信二郎「ありがとう!」
嬉しい!信二郎様にまた会えるなんて!
信二郎「それから…」
あなた「?」
信二郎「俺のことは呼び捨てにしてもらえますか?」
あなた「わかりました、それじゃあまた、信二郎!」
信二郎「またね、あなた!」