無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

願い事。
~6年後~  7月7日

リーンゴーン〜リンゴーン〜

教会のベルの音が鳴り響く。
今日は6年間待ち続けていた遥斗との結婚式。
遥斗がアメリカに行っている間、寂しくて、会いたくてたまらない時もあったけど、お母さんや、梨花や綾美が支えてくれた、この3人にはすっごく感謝している。

そして1年前大学を卒業してすぐに遥斗は日本に帰ってきた。遥斗の両親は、そのままアメリカに住むことになったそうだ。
でも今日の結婚式には来てくれた。

高校生の時私の部屋で口約束だけのプロポーズされた。
そしてそれから5年後、結婚式の用意とかで1年経っちゃったけど、こうして結婚出来て本当に幸せ!

あ!日本に帰ってきてから遥斗にもう一度しっかりとしたプロポーズをされました!すっごくかわいい指輪と一緒に。

コンコン・・・

「はーい!」

「優結?着替え終わった?入るよ?」

「うん!どうぞ!」

ガチャッ・・・カツカツ・・・

「!!!」

「っっ・・・」

「遥斗めっちゃかっこいい!」
「優結めっちゃ綺麗!!!」

「「!!!・・・・・・ぷっ・・・ハハハッ」」

「遥斗すっごくかっこいいね!」

「ありがとう。優結こそ、すっごく綺麗だよ。」

「ありがとう!・・・とうとう結婚だね。」

「そうだね、優結。」

「なに?」

「5年間待っていてくれてありがとう。」

「ううん、こっちこそ迎えに来てくれてありがとう。愛してる。」

「俺も。優結、愛してるよ。」

そっと触れるだけのキスをした。
せっかくのお化粧が崩れちゃうしね、

6年前の今日私が七夕の短冊に書いた願い事。

【5年後、遥斗と幸せでいられますように。】

1年遅れちゃったけどこの願い事叶っちゃった!
・・・まぁ、絶対に叶える予定だったんだけどね!

そして今日7月7日。
今年は2人で短冊に願い事を書いた。

【生涯2人で幸せに生きていけますように。】

「ねぇねぇ、」

「ん?」

「もし、子どもができた時は、どうするの?」

「その時は2人で一生懸命育てて俺達が死ぬまで・・・死んでからもかな?見守ってあげよう。」

「そうだね!」

これからは"2人で"生きていくの。
この願い事絶対に叶えてみせるんだから!