無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話


“ばっかじゃねーの?いるわけねーじゃん”


幼馴染のゆうきはこう言っていた。

でもあの子は違った。




その子のおかげでサンタさんを信じててもいいんだって。




“僕があなたちゃんのサンタさんになる!”






幼稚園の頃の話。あの子は誰だったんだっけ。