無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2話


あなた『ねぇ、』

『……。』

あなた『ねえってば!』

『あ、ごめん。』

あなた『い、いいけど』


後ろの席のつばさくん、静かな男の子。

プリントを渡す時いつもよそ見しているからその時は話すけどそれ以外に話したことはほとんどない。






『おい、あなた!』

あなた『なに!』

『早く帰るぞ!』

あなた『ちょっと待ってよ』

『早くしないと置いてくからな!』



これは幼馴染のゆうき。一緒に帰るから付き合ってるとか思われるけど全然そんな気持ちはない。