無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3話



つばさくん『……。』



つばさくん、いつも何を見ているのかな。って、思ってふり返ったら……。


つばさくん、こっち向いてて慌てちゃって。


目、逸らしちゃったよ。


いや、待ってよなんでこっち向いてんの?ま、いっか。








ゆうき『あなた!なんで先行くんだよ!寝坊しそうだったんだけど!』

あなた『高校生なんだし、もう一人で起きてよ!』

ゆうき『無理だし!あなたの仕事だろ!?』




もう、ゆうきってほんと無いよ、バカにしたりこき使ったり。