無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4話




2限目の休み時間。机の中に何かが入っていた。





これ、なんだろ、手紙かな?



“今日の昼休み一緒にご飯食べてくれませんか?”


え???なに!?





みさ『あなた~なにこれ~』

あなた『なんでもないっ!』

みさ『え、っと昼休み一緒にご飯食べてくれませんか?って、えーーーーー!あなた!』

あなた『静かにしてって!誰なのかも分かんないし、』

みさは私の友達で噂好きの恋する乙女。




好きな人は教えてくれないけど……。