無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

10話





やっぱり5分ピッタリで降りてきた。






ゆうき『おは』
あなた『おはよ』

ゆうき『起こしてくれてありがと。』
あなた『っ、うん。』




なんかいつもと違う。


いつもなら『サンキュ』くらいですませるゆうきが!あのゆうきが!『ありがと』っていきなりなんなん???




ゆうき『あ、そーいや、話ってなんなん?』
あなた『あ!いや。いいんだよ。今度話すからさ!』

ゆうき『そーか?わかった。』



あーあ、やっぱ素直になれんかったなー。




いつもと違うゆうき。なにかあったのかな。


!なに、ゆうきの事ばっか考えてんの!!





自分で自分を叱る内容がこんなのってあほらしいわ〜。