第24話

答え
15,449
2018/01/26 04:57
あなた

ッ……!!!

二人からの真っ直ぐな告白に、あなたは戸惑いを隠せなかった。
(でも…ちゃんと答えないと…!)
勇気を振り絞り、あなたはジミンの方を向いた。
あなた

じみな…ありがとう。

テテ
ッ……
その言葉に、テテは涙を堪えるように唇を噛んだ。
あなた

あんなに酷いことしたのに、まだ想ってくれてるの、本当に嬉しかった。

テテはそれ以上の言葉を聞けないと判断し、部屋を出ようとドアノブに手を掛けた。
その時__
あなた

でもね ッ…!

あなたの声がやけに大きく聞こえ、ピタリと手を止める。
あなた

私は…私の想いはッ……

あなたは大粒の涙をひとつ流し、ゆっくり口を開いた。
あなた

今も…変わらないんだ……

その言葉を聞くと、ジミンは分かっていたかのように微笑み、あなたの頭をそっと撫でた。
ジミン
分かってた。あなたは真っ直ぐな子だから、好きな人が簡単に変わらないことくらい…。
そう言ってジミンは、あなたの頬を触った。
ジミン
今度こそ、頑張るんだよ?
あなたは優しいジミンの言葉に胸がいっぱいになった。
あなた

うんッ…!ありがとう!

ジミン
もう二度と手放すなよ。
ジミンはテテにそれだけ伝えると部屋を出ていった。





テテ
………
あなた

テテッ……あのね…?

あなたが気持ちを伝えようとする。
それを察したように、テテはあなたの方を向き、真っ直ぐ目を見た。
あなた

私もテテが好き。気持ちは変わらないよ。

それを伝えると、テテはあなたを強く抱き締めた。
テテ
あなた…よかった……。愛してる。一生大切にするから、もう二度とどこにも行かないで…。
あなた

うんッ

あなたは、半泣きのテテをそっと抱きしめ返した_

プリ小説オーディオドラマ