前の話
一覧へ
次の話

第30話

ツンデレ
14,071
2018/04/02 01:19
ジミン
ねぇ〜、グガぁ〜?
ジョングク
なんですかヒョン。
嬉しそうにジョングクに抱きつこうとするジミンの腕をサッと押しのける。
ジミン
あぁ〜!ヒョンを拒んだ!酷いよォ〜!
ジョングク
少しは静かにしてください。
そう言って突き放すと、ジミンはしょぼんとして部屋をとぼとぼ出ていこうとする。
ジョングクは、何故かそれを引き止めた。
ジョングク
別に…部屋から出ろって言ってるわけじゃ…
ジミン
ジョングガ、もしかして寂しいの?
ジミンがまた嬉しそうに訊ねる。
するとジョングクは恥ずかしそうに
ジョングク
違います。ただヒョンが寂しがるだろうなと思っただけで、別にッ…そんなんじゃ!
動揺のあまり止まらない口を、ハッと抑えた。
それを見たジミンは大笑いし、落ち着いたあと、糸目の笑顔で言った。
ジミン
はいはい、寂しいので居させてもらいますねっ!
ジョングク
こ、今回だけですよッ…!
2人のラブラブは、隣のテテとあなたにも負けてはいないようだった。

プリ小説オーディオドラマ