無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

Yellow①
Wチキン
((お手数ですが名前を名字に変えてください🙇‍♀️























話したいのに話せない









君が目の前にいるのに








モヤモヤしたまま終わらせたくない







君と話したい







4年前_____



私たちは小学生。



恋愛感情なんてさらさらなかった



そんな私たちはいつもふたりでいた。




学校へ行く時、学校から帰る時、もちろん学校にいるときもずっと



ちょっとした喧嘩をしたことはあるけど、すぐに仲直りした。



でも、それからお互い受験して男子校女子校と別々になった。



そして4年前から君とは一言も話してない。




でも何回か電車の中や道端で会った




それでも私たちは喋ることはなかった。




喋る「事」がないんじゃない





喋りたいのに体がゆうことを聞かないだけ




体が動いて口が動けばいつでも話せる。




友達と話す時はうるさい私でも君を前にすると動けなくなるんだ



君に会わなくて君と話さない間に私には君に対する「恋愛感情」が生まれていた




友達に相談したの




そしたら、あんたはチキンだよって




いやチキンって鶏じゃん




最初はよく意味が分かんなかった





でもね、今は分かるの。





君も私もチキン





いつになったら君と話せるようになるんだろ





いつも走って逃げてっちゃう君と。