無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

Yellow③
中間淳太
中間淳太
じゃあ、行こか
あなた

うん//

あなた

んでどこ行くの?

中間淳太
中間淳太
ついてからー
あなた

えー











そして少し歩くと























ホテル街についた

















そしてとあるホテルに入った














あなた

え、急すぎない?

中間淳太
中間淳太
帰る?
あなた

え、いや帰らんけど、、

中間淳太
中間淳太
行こ















淳太くんはなんの躊躇いもなく入っていった





















すごいなぁなんて何を尊敬してるんやろ、、
























部屋に入ると

















中間淳太
中間淳太
はい、脱いで?
あなた

は?

中間淳太
中間淳太
脱がれへんの?脱がしたろか?
あなた

い、いやちょっと待って?

中間淳太
中間淳太
なに?
あなた

そ、そんなにSだったんやって思って

中間淳太
中間淳太
あかんの
あなた

そういう事じゃないけど

中間淳太
中間淳太
じゃあ脱がすで
あなた

…//













それから激甘な時間が過ぎたとさ…
























-fin-