無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

Pink②(🍰しげのん さんリク)
甘えたさんの望さん















そして望はソファに座り膝を叩いて
「ここ座って」
と手招きしてくる



しょうがなく、座る。



するとテレビをつけて後からハグされる



温かい望に包まれて、でもだんだん背中が重くなってくる


あなた

ちょっとー重たいんだけどー

小瀧望
小瀧望
…




返事ないし



あなた

寝てるな。

あなた

おーい起きてー一緒に寝るんじゃなかったの?

小瀧望
小瀧望
あなたがちゅーしてくれたら起きる
あなた

はぁもうしょうがないなぁ







チュッ



あなた

はい起きて

小瀧望
小瀧望
いややし!なんでほっぺなん!




そういって口を尖らせる望
あなた

恥づかしいし、//

そういって下を向くと



顎クイをされ唇が重なる



しかもキスはどんどん深くなり、息苦しい




あなた

はぁはぁ、ちょっとそろそろ離してよ

小瀧望
小瀧望
っはぁ、嫌やし
あなた

じゃあ一緒に寝ないー

小瀧望
小瀧望
ごめんやん!寝よ!!





謎のテンションでベッドまで手を引いていく望








見た目でかいのに中身子供だから困るよね…笑
あなた

じゃおやすみ~

小瀧望
小瀧望
え、もう寝るん
あなた

え、だめ?眠いんだけど

小瀧望
小瀧望
えーあかん無理寝かさへん
あなた

寝たい!!

小瀧望
小瀧望
言うこと聞くってゆうたよな?
あなた

わかったよ…





もはやただのわがままじゃないこれ?
あなた

明日望家いる?

小瀧望
小瀧望
おん、明日は休み
あなた

いいなぁ学生は、

小瀧望
小瀧望
全然よくないわ
あなた

だよね、笑 おやすみ

小瀧望
小瀧望
…おやすみぃ




結局寝るんかいw






甘いコトを少し期待していたあなたでしたが、
望は「今日はやっぱりその気分ちゃう」と言っていました。でもその代わりにあなたを強く抱きしめて寝ていました。







-fin-