無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

Green①
Carefully



























私は地味で、いじめられっ子で、バカで、ドジで、ブスで、、

















いい事なんて何一つないんだ。























今日も朝から道の小石につまづいて転けそうになった。




















ちゃんとした丈夫な体になりたいな




















学校に行くと何もしてないのに嫌がらせを受け、冷たい視線をあび、ドジな私は笑われる。
























そんな毎日。もう慣れたと言っても過言ではない




















そんなある日のことだ。























いつもと同じで、冷たい視線を感じる。




















でもなんか今日は違う。























冷たい視線、ではなく、睨まれている。?

























誰が睨んでるんだろ~な~ぐらいしか興味はない。でも言い忘れていたが私は極度のビビりでもある。
























まためんどくさいことが起こった。












































これはどう対処すべきか。