無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

Orange③
桐山照史
桐山照史
頼まれた人を殺してきてん。
あなた

最近、依頼多いね

桐山照史
桐山照史
せやなぁ忙しいわ







そしてこの日はテレビで映画を見たり、いろんな話をした。





夜ご飯を食べたあと、二人でソファでテレビを見ていた
桐山照史
桐山照史
あのな、今日先輩と喋っててさ
あなた

うん

桐山照史
桐山照史
俺な、殺したい人がおるねんけどさその人に殺してもらおかなと思って相談してんやん
あなた

うんうん

桐山照史
桐山照史
ほんならお前が自分で殺せって言われてもうたわw





カシャ
あなた

ヒィッ



私の頭に銃が向けられた
桐山照史
桐山照史
はい、これ持って




そういって照史に渡されたのは銃
桐山照史
桐山照史
これを、俺の頭に
あなた

な、なんで…

桐山照史
桐山照史
ごめんなあなた。
俺が殺したいのは、あなたや。
あなた

桐山照史
桐山照史
嫌いになったんやない。
好きすぎて俺の気持ちが抑えられへんくて
桐山照史
桐山照史
だから一緒にあの世に行こうや
桐山照史
桐山照史
せーので押すねんで
桐山照史
桐山照史
せーの




バンッ




























桐山照史
桐山照史
くそ…
桐山照史
桐山照史
俺アホみたいやんけ
俺だけが押してもうた
桐山照史
桐山照史
あなた、待っとけよ。
今すぐいくからな





バンッ






-fin-