無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

Blue① リク(モトキ・蓮巳…から

病の魔法にかかりまして






私は流星と付き合ってもうすぐ3年になる。
















記念パーティーをしようと話していたけど、私は風邪を引いてしまった








prrrrrr…
藤井流星
藤井流星
もしもし?あなた?風邪治ったか?
あなた

あ、もしもし。まだ全然熱下がらんくて、、
ゴホッゴホッ 喉も痛いし…










そう、私は風邪をひいて5日経つのにまだ全然治らない。




薬が合ってないのかな、、
藤井流星
藤井流星
そうか、今すぐ行くわ。
あなた

ありがとう…







流星は心配性だから言えないけど、この間から食事も喉を通らないし、なんかしんどいし…









ガチャ


















早いな…
藤井流星
藤井流星
あなた?大丈夫か?
あなた

大丈夫大丈夫笑
ちょっとしんどいだけ

藤井流星
藤井流星
そのしんどい、が怖いんやんか
おっきい病院いこ
あなた

おっきい病院って、、
市民病院のこと?

藤井流星
藤井流星
あーそれそれ
あなた

ん~大丈夫やよ

藤井流星
藤井流星
あかん。行くで





そして私は流星と一緒におっきい病院に行った。

半ば強引にね…(笑)