無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

Green③
はじめまして、恋しました。




















いつもあなたさんが来る時間はとっくに過ぎて、自分のトレーニングも終った。


















それでもあなたさんは来ない。



















俺は諦めて帰ることにした。




















その後何回か電話したがかかる訳もなく…。





















その日は結局終わってしまった。

























何日経ってもあなたさんがジムに来る様子もなく、電話してもメールしても、でない。
























prrrr










滅多にならない俺の電話がなっている。

















もしかして…
神山智洋
神山智洋
もしもし?!!
あなた

智洋…くん…?

神山智洋
神山智洋
あなたさん!
どうしたんですか?!!
心配してたんですよ!!!
あなた

神山智洋
神山智洋
どこにいるんですか!
あなた

どこやろう…

神山智洋
神山智洋
あなた…さん…?
あなた

ここは…病院…

神山智洋
神山智洋
今すぐ行きます。
どこの病院ですか
あなた

しみn…






プツッ













あかん、電話切れてもうた。










とりあえず市民病院向おう。

























神山智洋
神山智洋
あの、西井あなたさんっていてますか?


受付)先ほど病室に入られましたが
神山智洋
神山智洋
分かりました。









俺は一目散にあなたさんの部屋に向かった。