無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

Purple③(モトキ・蓮巳…)から
ごめんね。



濵田崇裕
濵田崇裕
ほんまにあなたのせいで俺が病気しそうや…
あなた

…泣))

濵田崇裕
濵田崇裕
ちょっ、え、なんでお前が泣いてんねん、、
あなた

だって…はまちゃん、そんな心配してくれると思わないし…もう、好きが溢れてるの…ごめんなさい…。

濵田崇裕
濵田崇裕
あなた…。大好きや。もう、抜け出したりすんなよ?俺がずっと一緒におるから…
あなた

うん…泣))ありがとう(泣














そこから、あなたは病院を抜け出さずそのおかげで徐々に回復していった。






















そしてあなたは無事退院する事ができた。





















その日はたまたまクリスマスの日。



















あなた

ありがとうはまちゃん)ニコッ

濵田崇裕
濵田崇裕
いーえ!もう治ってくれて俺嬉しい!!!
よっしゃ!デートすんぞ!
あなた

ヘッ?!あ、クリスマスか!うん!行こう!
















この日のはまちゃんはいつものかっこよさと違い、より輝いてみえた。















-fin-