無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

Yellow①
Up&Down






































今日は行きつけのバーの帰り。


























そのバー、2階にあるからオシャレな階段を登ってかなきゃいけないんです(笑)

























それがちょっとしんどくて笑































でもマスター若くてイケメンすぎなんでそんなのどうってことないですけど♡
































はい、今日も酔っ払いました。
























でも、階段はなくならないもので。


























今から降りなきゃいけないんです、ハイヒールで。































階段を降りていると…

























あなた

キャッ!!





















階段から落ちたーはい私死んだーと思ってたけど←

























なんか全然痛くない